いわきの地域ビルダー・注文住宅・リフォームなら 大好きの家 共力ハウス


大好き 共力ハウス

平成28年度ZEHビルダー実績報告

 

共力株式会社 共力ハウスでは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業による
ZEHの普及促進に取り組む【ZEHビルダー】として登録しております。

 

私たちは、ZEHビルダーとして
平成32年(2020年)までに、新築住宅の50%をZEH化する目標を立てています。
平成28年度の実績報告をさせていただきます。

 

 

 

 

 

平成28年度 実績 0%

 

平成29年度 目標 10%
平成30年度 目標 20%
平成31年度 目標 30%
平成32年度 目標 50%

 

 

平成28年度はZEH自体の一般認知度がまだ低く、
新築注文住宅ZEH割合の目標10%に対し、0%の受託率となりました。

ZEHの認知度も徐々に高まりつつある為、本年度からの目標に向け、
ZEHビルダーとして更なる普及促進に取り組んで参ります。


ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)ビルダーに登録されました!

 

 

共力株式会社 共力ハウスは、

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に取り組んでおります。

 

 

 

平成28年度 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)ZEHビルダーの登録申請が受理されました。
 
これにより、共力ハウスではZEHに伴う補助金申請が出来るようになり、ZEHがより身近になります。

 

 

 

 


ZEH目標公表資料

 

共力ハウスは、平成32年までのZEH普及率を50%以上とします。
 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)目標の公表について

 
共力株式会社 共力ハウスの2020年までのZEH普及目標を公表します。
 
2016年度(平成28年): 5%
2017年度(平成29年):10%
2018年度(平成30年):20%
2019年度(平成31年):30%
2020年度(平成32年):50%

 

上記の通り、注文住宅において、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に向けて邁進致します。

 

 

●具体的なZEH普及策(ZEH低コスト化への取り組み等)

 

1.ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社ホームページでの掲示、住宅雑誌への掲載、自社前に垂れ幕など、
ZEHの周知・普及に努めお客様にZEH仕様住宅の提案を行います。


2.ZEHのコストダウンに向けた具体策

間取りの簡潔化とパッシブな計画を行うことによりコストダウンを図ります。


3.その他の取り組みなど

社内と施工業者で定期的なZEHに対する勉強会を開催します。
研修会等へ積極的に参加します。

 

 


| 1/1PAGES |


ページの先頭へ